TOP 概要 刺青写真 題材解説 図柄紹介 電話メ-ル 刺青師関東初代彫陳のホームページ 交通 掲示板 問答集 リンク 携帯用 English

彫陳いれずみ掲示板

掲示板のトップへ
名前
題名
本文
暗証キー (英数4字)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力)

●無題
海斗 2016/04/02 [#492] 
はじめまして!
右腕に下り鯉、左腕に登り鯉がはいっているんですが、右腕に登りか下り鯉とかは決まってるんですかね?

Re:
彫陳 2016/04/03 [#493]
初めまして。彫陳です。
決まっていないと思います。絵的な配置、彫る順番、直感等による事が多いのではないでしょうか。人によっては何らかの思いを込めたり、こだわりを含む場合があるかも知れません。


●無題
竜児 2016/02/02 [#490] 
はじめまして!
猪鹿蝶を入れている人を見たんですがあれはどーゆー意味があるんですか?

Re:
彫陳 2016/02/03 [#491]
初めまして。彫陳です。
花札の役かと思いますが、その図柄にどんな思いを込めたのかは当人に聞いてみないと分からないと思います。


●夫婦鯉と相性がいいもの
鯉太郎 2016/01/26 [#488] 
こんばんは。
向かって右胸に夫婦鯉が5分袖で入っています。
片方が胸の中心に向かってもう片方が
背中にむかって入っています。Sを逆さにした形です。

向かって左胸に相性がいいものを
入れたいのですが、、
わからないのでアドバイスしてください。


Re:
彫陳 2016/01/27 [#489]
こんばんは。彫陳です。
単純に絵として刺青として考えれば、逆の胸〜腕にも左右対称となるような二匹の鯉が合うと思います。
それ以外に絵的に対になる形はなかなか考えにくいのではないでしょうか。
もし色が入っているのであれば、違う題材でも色を合わせる事で統一感が出るかも知れません。
額の風景が感じられるものであれば、規模の似た水生動物なども候補に挙がるかも知れません。

又、どのような動機でその二匹の鯉を彫ったのかにもよるのではないでしょうか。
一対の鯉が家族を象徴しているのであれば、追加する題材もそこから発想されるかも知れません。


●相性について。
充虎 2016/01/20 [#485] 
彫陳さんこんばんは、
彫陳さん、左胸から腕五分に虎と竹、蓮、富士山があるのですが右胸から腕五分までに鳳凰を掘るのと背中に蛇と亀を掘る予定です。
右の図柄に相性がいいまたは、似合うものを教えていただくと嬉しいです。
(因みに右腕には、家紋があるので鳳凰の尻尾がそれを取り巻く漢字です。)

Re:
彫陳 2016/01/21 [#487]
こんばんは。彫陳です。
右に既に家紋がありそこに鳳凰を入れる事が決まっているのであれば、想像出来る選択肢は「それ以上何も入れない」事です。
本来、抜きでも額でも、黒一色でもフルカラーでも、胸〜腕五分での鳳凰はそれだけで充分な題材だと思います。

個々の刺青の作風や様々な状況があるので一概に言えませんが、単純な雑感として「それらの題材を空白地帯に並べろ」と言われれば、
「背に鳳凰」「右胸〜腕に蛇と亀(と既存の家紋)」を挙げると思います。


●墨
平楽 2016/01/20 [#484] 
ずっといれてなかったけど全部どーでもよくなったんで自彫りでいきたいと思います。何かアドバイスがあればよろしくお願いします。

Re:
彫陳 2016/01/21 [#486]
初めまして。彫陳です。
アドバイスは何も無いです。お役に立てず申し訳ありません。


●悩んでます
^ - ^ 2016/01/06 [#482] 
菊水を入れたいのですか動物も入れたいんですけど
何が合うか聞きたいのと
狐を片腕にいれるとしたらもう片方の腕には
何が合いますか?

Re:
彫陳 2016/01/06 [#483]
初めまして。彫陳です。
*菊水には鯉や亀などが合わせやすいかも知れません。
菊のみでも主たる題材になり得るかと思います。

*狐と最も対にしやすいのは、「もう一匹の狐」だと思います。
対になる他の動物ならば狸ではないでしょうか。
何の意図をもって狐を入れるのか、それに依る所が大きいのではないでしょうか。


●刺青悩んでいます
ショー 2016/01/03 [#480] 
初めまして。失礼いたします。
左腕に七分、昇り龍。左胸に般若。
額彫りでシンプルにはいっています。

右腕にヘビと何か(まだ決まっておりません)
七分で入れたいと思っております。
右胸にヘビを持っていこうと思っているのですが
やはり左に面がはいっているので面にした方がいいのでしょうか?

Re:
彫陳 2016/01/04 [#481]
初めまして。彫陳です。
題材の種類だけで単純化して考えれば、右に「他の面+くだり龍」などが対称的と言えるのではないでしょうか。
龍と蛇でも規模や合わせ方によっては合うかも知れません。
場合によっては左の題材に縛られ過ぎず、右は右である程度の独立性を持って考える事もあります。

実際には、絵として刺青として様々な要素があり、全体として左右でバランスがとれるかどうかだと思います。
題材の種類だけを取り上げて「こうするのが正解」とは言えず、又、不正解も無いと思います。
彫師により作風・構図・解釈に違いがあり、又、描く面の種類も様々で、行く現場により選択肢は大きく変わると思います。
現在入っている刺青に対して何が合うのか、その般若にその蛇が合うのか、現場でよく見て話しを聞き判断されるのが宜しいかと思います。


●謹賀新年
彫陳 2016/01/01 [#479] 
昨年は格別の御用命を賜りまして厚く御礼申し上げます。
本年も一層の向上を目指し精進して参ります。
何卒宜しく御願い申し上げます。

●今年もお世話になりましたm(__)m
渡辺 2015/12/31 [#477] 
来年もよろしくお願いいたしますm(__)m

Re:
彫陳 2016/01/01 [#478]
ありがとうございます。こちらこそ一年間お世話になりました。
また宜しく御願い致します。


頁: | 1 | 2 | 3 |
  [ホームページへ戻る]

# 暗証キー

- YY-BOARD -