【蓮】(ハス)
.....印度〜日本原産の多年草。夏に10〜25cm程の花が咲く。花が枯れると中心部が肥大しハチの巣のような形になり種を作る。
ハスの名は「ハチの巣」→「ハチス」→「ハス」の音変化。種は長寿で、縄文時代の遺跡から発掘された種が2千年後に発芽している。
印度では4千年前には彫刻で描かれている。日本へは古く中国を経て渡来とされるが、日本でも2万年前の地層から化石が出ている。
泥水の中から立ち上がり大輪の花を咲かせる様が神聖視される。仏教では「極楽の池に咲く花」「仏尊の台座」とされる。


(C) HORICHIN 転載,二次使用禁止
top