【達磨大師】(ダルマダイシ)
.....正しくは菩提達磨(ボダイダルマ)と云う。5〜6世紀、南インドの王子として生まれ、仏教の禅を学び、南北朝時代の中国に渡り禅宗を伝えた。
中国では嵩山の少林寺にて修行をおこない、壁に向かって九年間坐禅を続けたと云う。(面壁九年)
日本においては偶像化され、次第に抽象化されてゆき、縁起物の「ダルマ」としても庶民に親しまれている。






(C) HORICHIN 転載,二次使用禁止

刺青 彫陳 TOP > 題材解説