●質問です     麻美 2004/07/10
初めまして。近い将来刺青を入れることを考えている者です。
質問なのですが、白もしくは白に近い明度の高い色のみの刺青というのは可能なのでしょうか。
全体に淡い色調での刺青を希望してるのですが・・・
遠目で分からなくても近くで見れば分かる、くらいの見え方を希望しています。


----------------------
Re:     彫陳 2004/07/10
初めまして。彫陳です。
結論から申し上げますと、「白のみの刺青」も「白に近い明度の高い色のみの刺青」も「遠目で分からなくても近くで見れば分かる淡い刺青」も可能です。
可能ではありますが、それが刺青として適しているかどうかは別です。
刺青向きか、刺青として綺麗か、にも関わってきますし、又、彫師の画風(彫風)にも関わってきます。
*白のみで彫るのであれば、使用される下絵は、完全に二階調化されている大胆な太い線画か、文様、トライバル調のものが適しているでしょう。
且つ、ある程度の大きさがあった方が良いでしょう。「遠目で分からなくても近くで見れば分かる」感じは出るかもしれません。
*白に近い明度の高い色のみで彫るということであれば、パステル調の色彩となるのでしょうか。
恐らく、私の画風と離れている為、具体的なイメージか、具体的な下絵そのものを用意された方が良いかもしれません。
淡い感じの刺青にはなるかと思いますが、「遠目で分からなくても近くで見れば分かる」かどうかは疑問です。尚、私自身は白の混じらない濃い色を薄くボカすことの方が技法として好みです。
何れの場合も、淡ければ淡い程、図柄の高コントラストと、大きさを必要とするでしょう。
例えば、白のみでものすごく小さく、抽象的で細かいものを彫った場合、「何が彫ってあるかわからない、それがうまいかどうかもわからない、白い瘢痕」みたいなものになる恐れがあります。
又、そもそも「あまり目立たない様に」白で彫るはずが、そこそこの大きさで彫るのであれば、「目立つ」結果となります。
好き嫌いの問題でもありますが、私個人としては、お薦めはしません。
「遠目で分からなくても近くで見れば分かる」のを希望している動機が何か解りませんが、目立たない入れ方ということであれば、
彫る場所を考慮し、刺青自体は質の高いものを彫られる方が宜しいかもしれません。


----------------------
お返事ありがとうございます。     麻美 2004/07/11
丁寧なご説明ありがとうございました。
正直具体的な図案が決まっているわけではなかったのでとても、とても参考になりました。
イメージとしては優しい、羽のようなやわらかいものを想定しています。
その場合やはり白や淡い色よりも「白の混じらない濃い色を薄くボカす」ほうがむしろ映えるかもしれませんね。
赤の他人には主張せず、ごく近い他人と自分自身に対して己を形作る何かを刺青に託したいのです。
元々の地肌が地黒なので白ならば肌に映えるかと思い質問致しました。
もう一度お返事を参考に熟思し、具体的にイメージを固めていきます。
ありがとうございました。





トップへ戻る